突然ですが、問題です。
あなたは、次の話を図解化できますか?

わが社有名企業A社に50%、その同業B社に30%出資しており、A社の残り半分は我が社が業務提携しているC社の完全親会社であるD社は、わが社の筆頭株主でもあります。

図解化できましたか?
この問題は、図解思考ができる方なら解ける問題です。
※答えは、本ページの最後に載せてあります。

「全く図解化できなかった」「時間がかかった」という方は、ぜひ、続きを読んでください。
あなたに「図解思考の技術」の講座をご紹介します。

❚なぜ図解思考が必要なのか

頭の回転の速い人は、頭の中で情報を図解化しています。
そうすることで、全体像を俯瞰でき、深く理解することができるのです。

図解化は、左脳(言語・論理)と右脳(映像・直感)を同時に使います。
一般的なビジネスパーソンは左脳中心で思考しており、右脳はさほど使っていません。そのため、冒頭の問題のような複雑な情報の処理が苦手です。
一方、図解思考ができるビジネスパーソンは、左脳と右脳を同時に使っています。
そのため、複雑な情報も瞬時に理解でき、アイディアも浮かびやすいです。

図解思考ができるビジネスパーソンは、人に意見を伝える力も優れています。
たとえば、会議や商談時。出された意見や要望を図解化して、全員の理解と納得を得ています。
このように、図解思考ができる人とできない人とでは、日々のビジネス場面で差が生まれているのです。

出来るビジネスマン

❚図解思考を身につけるには、「図解思考の技術」を知ること

図解思考は、生まれ持った能力ではありません。習慣化です。
日々、図解で考える癖を持っている人が、図解思考を身に付けられるのです。

  • 「自分はそんな癖を持っていない」
  • 「どう習慣化すればいいのか分からない」

そんな方のために、「図解思考の技術」の講座を用意しました。
講師は、永田豊志氏です。図解思考の書籍を日本で最も出版している方です。
そんな永田氏に図解思考が最短で身につく「図解思考の技術」の講師を務めていただきました。
本講座を受講すれば、図解化する技術と図解思考を身に付ける習慣化のコツを知ることができます。

❚実証済みの「図解思考の技術」

永田氏は、上場企業の副社長です。その傍ら、「図解思考の技術」の開発に努めています。なぜ、二足のわらじを履くのか。それは、開発した「図解思考の技術」を自社に取り入れ、知的生産性を高めるためです。自社で実施して、効果のあったものだけを「図解思考の技術」として、世に出しているのです。
今回、講座でお伝えしてもらう「図解思考の技術」は、机上の空論ではなく、実践の場で検証されたものなのです。

では、ここで「図解思考の技術」を学ぶメリットをお伝えします。

スキルを実証

❚「図解思考の技術」を学ぶメリット

  1. 1.情報を一つに整理することができる
  2. 2.最小限の情報で最大限伝わる図が描ける
  3. 3.情報を覚えやすく、思い出しやすい
  4. 4.メモに要する時間が短縮できる
  5. 5.伝わるプレゼンテーションができる
  6. 6.話の先が読めるほど頭の回転が速くなる
  7. 7.情報の抜け、漏れ、矛盾に気づける

細かいメリットを挙げれば、まだまだあります。
図解思考は、あなたの人生やビジネスに大きな恩恵を与えるはずです。
ぜひ、学んでください。

では、講座の内容をお伝えします。

仕事が出来て信頼される

【 講座の内容 】

講座の中身をチョットのぞき見!

❚理論編(図解思考とは何か)

そもそも「頭が良い」とは何なのか、図解思考がなぜ頭の回転を良くするのか、知的生産性がどのように向上するのか、
など、図解思考の理論について解説します。

  • ・「頭が良い人」と「地頭の良い人」の違いとは
  • ・図解思考は地頭を良くする。その訳とは
  • ・図解思考があれば、最大限のアウトプットができる。その訳とは
  • ・頭の回転の速い人は、みな、図解思考をしていた
  • ・「図解思考」による図解メモのとり方とは
  • ・図解メモを取ることで得られるメリットとは

❚基本編(関係性を明確化する)

図解の基本について解説します。
図解思考の習得に最も大切なのは、基本の反復練習です。難しい図解を描くのではなく、
シンプルな図解を何度も描くほうが図解思考を身に付ける近道になります。
演習を交えながら解説します。

  • ・モノや情報の移動を表す図解の描き方とは(演習)
  • ・インタラクティブを表す図解の描き方とは(演習)
  • ・協力関係を表す図解の描き方とは
  • ・対立関係を表す図解の描き方とは
  • ・分岐を表す図解の描き方とは
  • ・統合を表す図解の描き方とは(演習)
  • ・予定や過去の履歴を表す図解の描き方とは
  • ・強調を表す図解の描き方とは
  • ・グループ化を表す図解の描き方とは
  • ・さらに図解を簡略化できる絵文字の描き方とは(演習)

❚まとめ(図解思考を習慣に取り入れる)

日常的に使えるようになれば、図解思考がドンドン身に付きます。
図解が活用できる場面と使い方をお伝えします。

  • ・プレゼン資料を作る前に作るべき図解とは
  • ・会議や商談に図解を活用するための3ステップとは
  • ・ビジネス分析に活用できる図解の種類とは
  • ・勉強に活用できる図解とは
  • ・創造性をかきたてる図解ノートのとり方とは
  • ・メモから事象のパターンを見つける方法とは
  • ・図解への目を肥やす習慣とは
  • ・図解思考を身に付けるために一番大切なこととは

【永田豊志氏のプロフィール】

永田豊志氏 知的生産研究家・新規事業プロデューサー・新規事業プロデューサー・ショーケース・ティービー取締役副社長

永田豊志(Toyoshi Nagata)
知的生産研究家、新規事業プロデューサー。ショーケース・ティービー取締役COO。

リクルートで新規事業開発を担当、グループ会社のメディアファクトリーで漫画やアニメ関連のコンテンツビジネスを立ち上げる。その後、コンピュータ系雑誌の編集長や、CGキャラクターの版権管理ビジネス会社社長などを経て、2005年より企業のeマーケティング改善事業に特化した新会社、ショーケース・ティービーを共同設立する。
現在は、取締役最高執行責任者として新しいWebサービスの開発や経営に携わっている。その傍ら、ライフワークとして、ビジネスパーソンの知的生産性研究に取り組んでおり、そのノウハウを広めるべく執筆活動や講演などを行う。

近著に『知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100』『革新的なアイデアがザクザク生まれる発想フレームワーク55』『結果を出して定時に帰る時短仕事術』『頭がよくなる「図解思考」の技術』『プレゼンがうまい人の図解思考の技術』『絵文字の技術』がある。 iPhoneアプリ『仕事効率化Tips~最強フレームワーク100』は、総合ランキングで最高2位となるなど話題に。過去の著書は、中国、韓国、台湾などで翻訳され、若いビジネスパーソンに人気がある。

  • 人生の大問題
  • 仕事がはかどる図解術
  • 集中力メソッド
  • 思考の法則
  • 発想フレームワーク
  • 最強フレームワーク
  • 図解思考会議
  • 絵文字の技術
  • 時短仕事術
  • すべての勉強は『図!』でうまくいく
  • プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術
  • 頭がよくなる「図解思考」の技術

冒頭問題の回答

冒頭問題を図式化したもの

いかがでしたか。同じような図解は描けましたか?
今回の問題のような複雑な情報でも、図解思考が身に付けば、
話を聞きながら瞬時に図解が描けるようになります。
そうなれば、様々なビジネス場面で活躍できます。

本講座は10,800円(税込)です。

本講座「図解思考講座」の動画時間は約63分です。価格は10,800円(税込)となります。
もしあなたが、図解思考の技術を身に付けて今以上の思考力を鍛えたいのであれば、
ぜひ、本講座を受講してください。
図解思考のプロフェッショナルが、図解思考が身に付くための基本と習慣化のコツをお伝えします。

講座を受講される方は、下のボタンをクリックしてください。

今すぐ講座を受講する

トップへ戻る