電気加熱式たばこも規制対象!?

電気加熱式たばこも規制対象!?

本日より不定期で、息抜き記事を掲載します。

息抜き担当の堂前です!

 

その他の記事とは異なり息抜き記事ですので、
気楽に読んでください。

 

 

それでは、本題に入ります!

2016年3月2日ネットニュースで悲報が流れました。

『受動喫煙対策を強化する法改正』の対象に
なんとプルーム・テックやアイコスといった電子たばこが…

 

 

 

■加熱式たばこってどんなもの?

たばこの葉を電気で加熱し、蒸気を発生させるたばこです。

2013年に日本たばこ産業(JT)が「プルーム・テック」という商品を発売していましが、
実際に注目を集めたのは、アイコスです。

喫煙されない方も聞いたことがあるのではないでしょうか。

これらのたばこは蒸気なので、煙がでません。

つまり、副流煙がでないということで、健康と環境に優しいということで、
人気を博しています。

 

これは、肩身の狭い思いをしていた愛煙家にとって
革命といっても良いのではないでしょうか。

 

あの世界最大のたばこメーカーであるフィリップモリス社(ラーク、マールボロなどが主要な銘柄)も

「有害な成分が紙たばこより、大幅に削減されている。」

と発表していますし、大手を振って喫煙できますね!

 

 

しかし、ここにきて電気加熱式たばこも規制対象になってしまう可能性が…

 

 

■そもそも『受動喫煙対策を強化する法改正』ってなに?

厚生労働省が平成28年10月に公開している

『受動喫煙防止対策の強化について(たたき台)』

という資料をもとにお話しします。

 


その内容を要約しますと、

「受動喫煙による健康被害をなくしましょう」

というものです。
さらに、2019年のラグビーワールドカップの開催、

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向け、

世界保健機関(WHO)、国際オリンピック委員会(IOC)と共同で

「たばこのないオリンピック」を推進するということです。
健康な肉体には健全な精神が宿るということでしょうか…

 

 

 

■これまでの禁煙運動

たばこの文化は1492年新大陸を発見したコロンブスが、

現地人の行う風習をヨーロッパに持ちかえったことで

始まったと言われています。

 

コロンブスは愛煙家にとって神に等しい存在かもしれませんね。

 

 

ちなみに日本人には1543年、鉄砲伝来とともに入ってきました。
そして、禁煙運動の始まりは

もちろんもっとも早くたばこの文化が広まった、ヨーロッパです。

 

急激に肺がんでの死亡率が高まったため、

たばことがんの関係が明らかになりました。

 

さらに、1963年アメリカ医師会が先頭になり、

禁煙運動に火が付きました!

 

日本では、たばこ事業法に守られ、今も喫煙率は高い状況ですが、

今後はどのようになるのかわかりません…

 

 

 

■最後に

私の周りでもずいぶん前から禁煙運動が高まっています。

 

飲食店では、分煙、時間制限、完全禁煙と、

愛煙者は住みにくい世の中になりました。

 


現時点では規制対象とする案で留まっています。

 

たばこの吸えない世の中にはならないと思いますが、

さらに喫煙しにくい環境になることは明らかです。

 

 

今後、どのような結果になるのか、

そして、たばこ産業がどうなるのか、

目が離せません!

 

 

公開日:
最終更新日:2017/03/03