フリーランスコピーライターの仕事の取り方

フリーランスコピーライターの仕事の取り方

   

フリーランスで仕事をしようと思ったときに、誰しもがぶつかる壁があります。

 

それは、「仕事が取れない」という壁です。

 

営業が得意な人なら別ですが、やったことがない場合は、 不安や自信のなさで一歩が踏み出せないはずです。

 

というわけで、この記事では実績がないところからの「仕事の取り方」について、お話したいと思います。

 

ちなみに、これからお話する内容は、ライターでも、コピーライターでも、コンサルタントでも、デザイナーでもOK。

 

フリーランスとして仕事を取りたいと考えている人、全てに使える方法です。

 

 

■最初の仕事を取るのが難しい理由

そもそも、一番はじめの仕事を取るのが難しいのは、「実績がない」という大きな壁にぶつかってしまうからです。

 

ですので、実績がない状態で仕事を取ろうと思った場合、とにかく色んな人にアプローチをしていく必要があります。

 

王道は、ビジネス交流会に参加して「仕事をください!」と商品を販売している人に対して営業する方法です。

 

しかし、営業をやったことがない場合は、こういった方法は、かなりメンタルにきます。

 

特に実績のないコピーライター志望の方は、「セールスレターを書かせてください」と言って、 書かせてくれるクライアントは見つけられないことのほうが多いようです。

 

 

あなた:「セールスレター書かせてください!」

 

相手:「実績見せてみて?」

 

あなた:「・・・実績はありません。」

 

相手:「ん~、それじゃあ、ちょっと任せられないな。」

 

 

 

といった流れで断られることが多いです。

 

ですが、交流会に行って営業をしなくても、もっとラクに、もっと手早く、仕事を取る方法があります。

 

 

 

■実績がなくても「ラクに」「手早く」仕事をとる方法

それは、「コネ」です。

 

一番最初の仕事を取るときには、あなたの周りの「コネ」を全力で利用するというのが、もっとラクに、もっと手早く、仕事を取ることができます。

 

こんなことを言うと、「私にはコネなんてありません!」と言う声が聞こえてきそうです。

 

ですが、そもそもコネというのは、「コネクション」の略で「縁故、親しい関係」という意味です。

 

コネといっても、あなたの周りの友人や知人でいいのです。

 

例えば、コピーライターの場合ならセールスレターを書く仕事を始めたから、私に文章を書かせてみてくれないか?と聞いてみましょう。

 

知人や誰かの紹介であれば、信頼関係ができている場合が多いため、仕事を受けてもらいやすいです。

 

さらにいうと、実績がないうちは、お金をもらわずに、結果が出るまで無料でやるといいでしょう。

 

相手にメリットがあってリスクがない条件で提案すれば、まず断られることはありません。

 

私も最初の仕事は、知り合いに紹介してもらって、仕事を無料で受けていました。

 

当然最初は結果が出ずに落ち込みましたが、無料でやっていたので、精神的にはすごくラクでした。

 

そこから、徐々に結果を出してもらい、報酬も頂けるようになりました。

 

 

そして、実際に1つの仕事で結果がでると、自分自身の自信につながります。

 

自信がつくと、さらに他の仕事が受けやすくなっていきます。

 

 

 

■クライアントに成果を出させる自信がない

とはいえ、実績がない状態で仕事を取ると、

「私なんてまだまだ勉強不足です。」

「クライアントさんに成果を出させる自信がありません。」

と不安を感じるようになるはずです。

 

なぜ、不安になるのかというと結果にフォーカスしすぎているからです。

(こういうと語弊があるかもしれないのですが・・・)

 

もちろん、クライアントさんの結果にコミットすることは大事なことです。

 

しかし、結果にこだわりすぎると、結果がでなかったときに心がポッキリと折れてしまいます。

 

 

ですので、実際に仕事を受けた場合には、こう考えてみてください。

 

 

結果は関係ない。

自分ができることを全てやるだけ。

 

 

目の前のクライアントさんに、どれだけのことができるかを考えて、あなたの知識・時間・労力を全て提供して、クライアントさんに尽くすことだけを考えればいいのです。

 

そうすれば、集中できるようになるので、自然と結果がでるようになります。

 

 

 

■まとめ

 

「ビジネスで成功する一番の方法は、人からいくら取れるかをいつも考えるのではなく、

人にどれだけのことをしてあげられるかを考えることである。」

 

これは、米国の実業家デール・カーネギー氏の言葉です。

結局のところ、「年収1000万稼ぐために頑張るぞ!」という目標を決めて仕事をしても、途中で苦しくなって、うまくいかなくなります。なぜなら、このマインドは、相手のお金を奪うマインドだからです。

だから、あなたがすべきことは、いくら取れるか、いくらもらえるかを考えるよりも、

 

「ひたすら結果にこだわらず、全力を尽くす」

 

これだけです。

 

実績のない状態だと、「結果が出なかったらどうしよう・・」と不安になりがちです。

 

しかし、正直なところ結果なんて関係ないんです。自分ができることを全てやるだけです。

 

この心構えがあれば、自然と結果が出るようになります。

 

そうなれば、あなたの元には、受け切れないほどの仕事が舞い込んでくるようになるはずです。

 

ぜひ実践してみてください。

 

 

さらに詳しく知りたいあなたはこちらをご覧ください。

 - 思考