4ヵ月以上コピーを勉強しているけど書けないあなたへ

4ヵ月以上コピーを勉強しているけど書けないあなたへ

   

あなたはコピーライティングやマーケティングの勉強ばかりして、コピー(文章)を書けずにいませんか?

 

恐らく、この記事を読んでくれているあなたは、勉強家で仕事熱心な方だと思います。

 

忙しい中でも、限られた時間の中で、専門書を読んだり、セミナーに通ったり、一生懸命勉強されていることでしょう。

 

ほとんどの人は、コピーライティングの勉強の重要性にすら気づいていません。

そんな中、一生懸命勉強されていることは、素晴らしいことだと思います。

 

しかし、なかなか書けるようにならない。

 

なぜでしょうか?

 

 

■売れるセールスレターが書けない理由

一方で、こんな人達がいるのも事実です。

 

  • 1枚のセールスレターで5000万の売上
  • ササっと、3時間で書いたセールスレターで売上アップ
  • 時間をかけずに素早く反応のあるコピーが書ける

 

あなたは不思議に思ったことはありませんか?

 

一生懸命勉強しているのに、なかなか売れるコピーが書けない人と、「この商品の売上を上げたい!」と思ったら、ササっとセールスレターを書いて、売上を立てる人。

 

一体何が違うのでしょうか?

 

その秘密は、至ってシンプルです。

 

書いたコピーをどんな形にしろ、世に出しているからです。

 

世に出せば、必ず何かしらの反応があります。

 

たとえ書いたコピーの反応が悪かったとしても、修正すればいいだけのことです。

 

どんなに経験を積んだセールスライターでも、失敗することはあります。

 

でも、彼らは最初の反応が悪かったとしても、次から修正していけば、必ず持ち直すことができることを知っています。

 

つまり、一生懸命勉強しているけど、売れるコピーが書けない人たちは、圧倒的に「実践」が足りていないのです。

 

ですので、どんな形でもいいので、1つセールスレターを書いてみて、世に出してみることをおすすめします。

 

 

■実績がなくてもクライアントを取る方法

とはいっても、クライアントさんがいなくて、書いたコピーを世に出す機会がないという人も多いと思います。

 

その場合は、最初はお金を取らずに「無料」でコピーを書くことを実践してみてください。

 

書いたセールスレターを、楽天で商品を売っている人にメールで送ってみる。

セールスライターをやっていて、無料でいいから、1度使ってくださいと言った内容のメールを送ってみてください。

 

100人に送ったら、1人は使ってくれるはずです。

 

「まだ私はセールスライティングを学び始めたばかりで、セールスレターを書いたことがありません。」という場合でも、安心してください。

 

最初は、みんな初心者です。

私もゼロから学び始めて、実績のない状態からスタートしました。

しかし、いまでは年間1億円を売るコピーライターになることができました。

 

なぜ、できたのか?それは、とにかく学んだ知識を「実践」したからです。

 

勉強しても上達しない人と、どんどん上達して行く人の差は、実践の数です。

 

 

■50%でもいいから出せ!

「完璧主義ほど基準の低いものはない」

 

これは、私の師匠が教えてくれた言葉です。

 

わたしたち日本人は真面目な人が多いです。

それはとても素晴らしいことですが、「完璧」目指すあまり、損をしています。

 

  • 完璧にしてから、リリースしよう
  • 完璧にしてから、独立しよう
  • 完璧にしてから、告白しよう。
  • 完璧にしてから、◯◯しよう・・・。

 

と、結局は何もしない人が本当に多いです。

完璧を求めていてはキリがありません。

 

ずいぶん前に、こんな人に会いました。

 

「いいビジネスアイデアがあってね、5年くらい温めてるいんだよ」

 

そう言って、さらに7年経っていますが、いまだにその人は、そのアイデアを世に出さすに、ずっと温めているようです。

 

これが芸術の世界とかならいいのでしょうが、ビジネスの世界では通用しないですよね。

 

私の周りで結果出してる人を観察してみると、彼らは、実に単純な発想をしています。

 

それは、「早く世に出したい」というマインドでやっているのです。

 

完璧主義ではなく、結果主義。50%のものができたら、すぐに世に出してしまいましょう。

 

雑にやってる人ほどうまくいっていきます。

世に出せば、遅かれ早かれ、反応が返ってきます。

反応があれば、しめたもの。

悪かったら、修正すればいいだけです。

 

完璧主義なんて今日から一切やめて「結果主義」になることを決意しましょう。

 

■まとめ

マーケティングの格言に「答えは市場にしかない」というものがあります。

つまり、出してみるまで正解は誰にも分からないということです。

 

もし、あなたが4ヶ月以上、コピーライティングやマーケティングの勉強をしているにも関わらず、売れる文章が書けるようになっていないのであれば・・・。

 

まずは、学んだ知識を実践の場で使ってみることをオススメします。

 

売れるセールスレターが書ける人というのは、売れない文章をたくさん知っています。

 

つまり、それだけ実践して、たくさん失敗しているということです。

 

完璧じゃなくてもいいので、とにかく世に出すことを意識してみてください。

 

さらに詳しく知りたいあなたはこちらをご覧ください。

 

 - スキル