コンテンツマーケディングに失敗した人でもわずか1ヶ月で成功させた3つのポイントとは?

コンテンツマーケディングに失敗した人でもわずか1ヶ月で成功させた3つのポイントとは?

   

継続的にコンテンツを提供し続けているのに、なかなか新規顧客が増えない、売り上げに繋がらない。

こんな悩みをよく耳にします。

 

というわけで、今回は、コンテンツマーケティングに失敗した人でも1ヶ月で成功に導いた3つのポイントをお伝えします。

 

この3つのポイントを意識していれば、見込み客が増え、販売のコンバージョンも上がり、信頼のサイクルが回り始めるはずです。

 

 

■1ユーザー視点を徹底する

コンテンツマーケティングは、あくまで「ユーザーにとって有益な情報」を配信し、信頼関係を構築した上で成り立つものです。

 

しかしながら、コンテンツを作成していく途中で、ユーザー目線ではなく、自分本位・企業本位な内容になってしまうことがよくあります。

 

例えば、ユーザーの気持ちを無視して、宣言だらけのコンテンツを配信してしまうといった具合です。

宣伝ばかりになると、コンテンツマーケティングではなく、ただの宣伝になってしまうので、ユーザーがどんどんと離れていってしまいます。

 

だからこそ、ユーザーが持っている「これを知りたい。あれを知りたい。」というニーズを120%満たす情報は何なのか?

 

これを徹底的に考えて、ユーザー目線の質のいい情報を発信していくことを目指しましょう。

 

 

 

■2ターゲットを絞る

ある程度の期間、コンテンツマーケットを続けていても、思ったような成果が出ない場合は、ターゲットがずれている、もしくは広すぎるという可能性が高いです。

 

もちろん、一人でも多くの人にサイトを見てもらいたいという気持ちはよくわかります。

しかし、ターゲットを広くしすぎると、どうしてもコンテンツ自体が浅くなりがちです。

どこかで聞いたことがあるような情報になりがちだからです。

その場合、ユーザーは訪問してくれるかもしれませんが、ユーザーの興味を維持し続けることは厳しくなるでしょう。

ですので、訪れたターゲットの興味を維持し続けるためにもコンテンツは、ターゲットを十分に絞ることが重要になります。

 

あなたの情報を必要としている、たった一人の誰かに向けたコンテンツを作成し、特定のユーザーに絞ったマーケティングを展開していきましょう。

 

 

 

■3徹底的に良質なコンテンツを作る

繰り返しになりますが、コンテンツマーケティングで、圧倒的な結果を出すためには、良質なコンテンツを徹底して作り込むことです。

 

思ったような成果が出ていない原因は、肝心のコンテンツの作成の部分で、手を抜いていることがあげられます。

 

「良質なコンテンツ」とは、ユーザーが持っている「これを知りたい。」というニーズを120%満たす情報であり、ユーザーの悩みを解決することのできる情報のことです。

 

ユーザーは何に価値を感じるのでしょうか?

ユーザーは何に悩んでいるのでしょうか?

ユーザーは本当は何がしたいのでしょうか?

ユーザーは何が好きなのでしょうか?

ユーザーは何が嫌いなのでしょうか?

 

コンテンツが「誰のためのもの」で「何をゴールにするのか」を徹底的に考えて、コンテンツを作っていけば、必然的に、それが良質なコンテンツへと繋がります。

 

 

■まとめ

コンテンツマーケティングとは、ユーザーに対して「120%満足する価値」を届けることです。

この考え方は、コンテンツマーケティングに限らず、どんなビジネスでも根本に持っておかなければいけないものだと思います。

 

もし、自分目線のコンテンツばかりになってしまっているなら、今一度、ユーザー目線になってコンテンツを作り直してみましょう。

 

まずは、リサーチを徹底して、ターゲットに響くコンテンツとは何か?を知ることが大事です。

 

大変な作業かもしれませんが、徹底して良質なコンテンツを配信し続けていれば、必ずユーザーがファンになってくれて、信頼関係が生まれます。

そうなってしまえば、あなたのビジネスにセールスというものはいらなくなるでしょう。

そしてそれは、あなたにとって非常に大きな資産になります。

 

 

ぜひ、今回お伝えした3つのポイントを意識して、良質なコンテンツを配信していってください。

 - コミュニケーション, 集客