デキる経営者も夢中!?脳と身体の活性化!筋トレがもたらす4つのメリット‼

デキる経営者も夢中!?脳と身体の活性化!筋トレがもたらす4つのメリット‼

      2017/07/31

筋トレノウハウ本や、社会人向けのジム。

着実に筋トレ愛好家が増えている時代ですが…。

 

その中には、デキる経営者が大勢いるのをご存知でしょうか。

例えば、ビル・ゲイツや、幻冬舎社長・見城徹さん。

 

さらには、ローソンCEOを務めている新浪剛史さんまで。

あらゆるジャンルの経営者が、筋トレを習慣としているそうです。

 

そんな筋トレですが、果たしてどこに夢中になるのか。

また、やるとどんなメリットを得られるのでしょうか。

 

これから、詳しく紹介します。

 

 

筋トレで得られる4つのメリット

【1】ストレス解消

筋トレは、ストレスの解消に効果的なのだそうです。

筋トレを始め、身体を動かすと、筋肉の伸縮が行われます。

これに伴い、血行改善の効果が期待できます。

 

血液の流れがスムーズになると、疲労が溜まりづらくなる等、疲れにくい身体へ整いやすくなるそうです。

 

【2】脳の活性化

 

筋トレをする時、脳内ではβエンドルフィンの分泌が行われるそうです。

 

エンドルフィンとは、身体の痛みを抑える成分です。

ほかに、ストレス解消や、記憶力・ひらめき力の向上にも効果がある、とされています。

 

デキる経営者が筋トレをやる理由は、新たなアイディアが浮かびやすいから…、なのかもしれません。

 

【3】見た目が良くなる

筋トレのもっともメジャーなメリットは、続けるほどに身体が引き締まっていくことです。

 

もちろん、筋トレをして1日で激痩せるのは不可能です。

しかし、長いあいだ継続する力を養うこと。

 

また、それに伴って、少しずつでも身体がスッキリしていくのは、決して無駄にはなりません。

長い時間かけて、自信をシェイプアップさせる。

 

このような長期の計画の実行にも、筋トレは役立つと考えられています。

 

【4】体調を管理しやすくなる

基本的に筋トレは、一定期間以上、同じメニューを繰り返します。

このため、「体調管理しやすい」との見方もあるようです。

 

例えば、「同じ筋トレをしているのに、今日は身体が重い…」なんて感じたら、危険信号です。

いつもと同じエクササイズで、だるいと感じるなら、「疲労のサイン」が出ていると考えられます。

 

そんな時は無理をせずに休息を取る等、体調管理の目安とすることもできるでしょう。

 

 

自宅で簡単な筋トレを2つご紹介!

筋トレ=ジム通いというイメージがあるかもしれませんが、お家でも充分効果的に行えます。

 

その中から2つ、おすすめの種目を紹介しましょう。

 

【1】腕立て伏せ

上腕二頭筋・胸筋など、上半身を引き締めたい時におすすめです。

 

姿勢が良くなる・体力がアップする効果があり、「体幹トレーニング」としても知られています。

 

1.床に向かって、腕をまっすぐに伸ばす。つま先も床に付ける

2.肘をゆっくりとカーブし、身体を床に近づける

3.もう少しで床に付きそうなところまで下ろしたら、今度はゆっくりと腕を伸ばす

 

【2】スクワット

筋トレで、トップクラスのカロリー消費量(6kcal/分)を誇る種目です。

 

腹筋のほか、お尻・太ももなど、下半身の筋肉を引き締めると言われています。

 

1.足を、肩と同じサイズ幅で開く。つま先は、まっすぐ前にする。

2.このポーズを維持したまま、腰からゆっくりと下ろしていく (※猫背にならないよう注意する)

3.太ももが床と平行になるまで腰を落としたら、3秒キープ。

4.そのままゆっくりと元のポーズへ戻す。

 

*始めたばかりなら、1セット10回まで。余裕があったら、少しずつ回数を上げていきます。

 

やった分だけ効果は出やすいですが、無理してやることは厳禁です。体調がすぐれない時や、ケガをしている時は、控えるようにしましょう。

 

 

 

まとめ

優秀な経営者たちが夢中になる筋トレについて、いかがでしたか?

 

筋トレ=ムキムキとのイメージが強いかもしれませんが、実はストレス解消・脳の活性化にも効果的。

 

ビジネスのモチベーションを上げたい時に、非常に良いとも言われています。

また、スグではないけれど、続けるほどに良い結果をもたらす可能性が高いそうです。

 

メンタルを鍛えたり、今よりちょっとカッコイイ体型が欲しかったり。

そんな時は、ぜひ実践してみることをおすすめします。

 - 生活