会話が続かないビジネスパーソン必見!覚悟でコミュ力を上げる方法

会話が続かないビジネスパーソン必見!覚悟でコミュ力を上げる方法

      2017/07/28

話すのが下手な気がするし、トークの仕方が分からない。

そんな人は、落語の視聴をおすすめします。

 

落語とは、ご存じのとおり、江戸時代から親しまれている伝統芸能です。

漫画・ドラマなどでも題材として取り扱われており、若者~中高年まで幅広い人気を誇っています。

 

また、笑い話・人情話などの題材で、初見でも入り込みやすいのが魅力の1つ。

世渡りのスキルが必要な社会人にとって、非常に役立つエピソードがてんこ盛りです。

 

というわけで、この記事では「落語で話し上手になる」ワケについて、詳しくお伝えしていきます。

 

 

落語で会話が上手くなる2つのポイント

【1】話の構成のコツがわかる

落語は、話の構成の一定の型があります。

いわゆる、枕(導入部)・本題・オチというものです。

 

「オチ」という言葉は、漫画・小説などでも広く浸透しているため、ご存知の方も多いでしょう。

 

じつはこの話の構成、ビジネスの場面から、恋人とのデート、友人・知人とのお喋りまで、はば広く役に立ちます。

 

その理由は、話にまとまりができるから。

 

多くの人が「話を聞くか・聞かないか」判断する基準はズバリ、スマートさの有無です。

この記事を読んでいる読者の中には、学生時代、校長先生のトークがダルすぎて途中で眠ってしまった人もいると思います。

 

なぜ校長先生の話を聞くと眠くなってしまうのか。

枕・本題・オチという3段階に分けて、メリハリをつけるよう、意識している人が少ないからです。

 

この記事を読んでいるトークに自信のない方は、まずは3段階でメリハリをつけるよう心がけてみてください。

 

きっと昨日よりも、貴方の話を真剣に聞いてくれるはずですよ。

 

【2】マメ知識・会話のネタが増える

落語ファンのビジネスパーソンには、マメ知識が増えることを楽しみとしている人もいるようです。

 

その理由は、ズバリ、今と生活形態の異なる江戸時代であること。

そして、教養として身につけたい古き良き文化が、ストーリーの中に点在しています。

 

これらの知識は、時代小説・ドラマはもちろん、美術展・博覧会の見物にも役立ちます。

相手によっては、会話のレパートリーが増えるきっかけともなるようです。

 

また、落語は様々な人を主人公にした物語があります。

のんびり屋・あわてん坊、賢い人、酒飲みまで。

その姿は現代人にもバッチリ通じるものばかりです。

 

彼らの処世術、失敗談。

こういった立ち回りは、今後の人生に大いに役立てることでしょう。

 

 

初心者からも人気!おすすめの演目を2つご紹介

落語と一言でいっても種類が多く、どれを聞こうか迷うこともありますよね。

そんな方に向けて、初心者向けのおすすめのタイトルを2つ紹介します。

 

【1】皿屋敷

古屋敷の井戸にあらわれ、皿を数える怨霊のお菊さん。

彼女の恐ろしい姿を見に、町人が見物します。

すると、あまりにも美人であったため、面白半分の見物人が増えてしまい…、というストーリーです。

 

日本人好みのギャグセンスは、多くの人を魅了しているそう。

大物芸人として知られる松本人志さんも、「夢中になった」作品と言われています。

 

【2】芝浜

仕事を真面目にしない魚屋の男・勝。

彼はある日、浜辺で大金の入った財布を拾います。

 

嬉しさのあまり、仲間を集めて大酒宴をひらく勝。

しかし翌朝、彼は奥さんから叩き起こされます。

「やたらお酒を飲んだけど、このお金どうするつもり?」と。

 

「大金入りの財布がある」と言い訳しますが、財布は一向に見つかりません。

肝を冷やした彼は、次の日からお酒代を返すため、真面目に働き始め…。

 

人気ドラマ『タイガー&ドラゴン』で取り上げられ、現在でも注目度の高いタイトルです。

お酒で失敗する恐怖感については、社会人ならきっとわかるはず。

 

お酒がさめて、真面目に働き始めた勝の話には、こっちまでシャキッとさせられます。

 

 

まとめ

社会人に役立つ落語の話、いかがでしたか?

落語と言うと、一見ちょっと古くさいイメージがあるかもしれません。

 

しかし、今と変わらない会話の基礎やテクニック。

そして多くのネタが吸収でき、コミュニケーションに役立つ要素がいっぱい詰まっています。

 

寄席に行く暇が無くても、CDで楽しむことも可能です。

ぜひ、活用してみてくださいね。

 - コミュニケーション