成功する経営戦略とは?覚えておきたい3つのポイントを紹介

成功する経営戦略とは?覚えておきたい3つのポイントを紹介

      2017/07/19

 

「事業を成功させる」ため、地図のような役割を果たす経営戦略。

しかし、同じように戦略を立てても、成功したり、失敗したり。2種類の結果に分かれてしまうことがあります。

 

このワケはずばり、「コツ」を掴んでいるか、が大きいようです。経営戦略を策定する時には、心がけないと失敗する、2つのポイントがあるといいます。

 

そのポイントとは何か、これから詳しく見ていきましょう!

 

 

何よりまず、「優先事項」を明確にしよう

経営戦略を練る時に、まずやって欲しいのは「優先事項」を明確にすることです。

 

経営戦略を策定する時は、決まって複数の活動を提案すると思います。

しかし、人件費・開発費・労働力・時間etc。これらはごく限られており、ムダにすることはできません。

 

そのためにも、必ず「1番大事なこと」をハッキリさせておくこと

それに伴い、お金・時間・労働力。

これらをスマートに使える戦略を策定するよう、意識していきましょう。

 

 

 

3ステップで経営戦略を策定しよう

 

経営戦略は、大きく分けて3ステップに分かれます。

 

【1】自社・競合・顧客・社会の状況を分析する

経営戦略で1番大切なのは、自社の長所・特技といったモノを、活かしきることです。

そのためには、以下の4つのことを把握しておく必要があります。

 

  1. 競合にあって自社に無いメリット
  2. 自社にあって競合に無いメリット
  3. 顧客は何を求めて自社を訪ねるのか
  4. 社会や経済はどういう状況なのか

(※支持率の高いモノは何か。高齢者・子供などの人口事情等)

 

例えば、「早く料理を食べたい」人に、時間をかけた特製シチューを提供しても、あまり喜ばれないはずです。

 

けれども、早く料理を作ることが苦手なら、遅くても美味しいモノを食べたい人に、料理を提供できる努力をする必要ですがあります。

 

また、自社を利用する顧客から見た、自社の魅力的とは何か。

そして競合の魅力はどこか、知ることも重要です。

 

事業の置かれた状況を把握することで、より利益のあるビジネスを行いやすくなるでしょう。

 

【2】自社が事業活動をするドメイン(領域)をハッキリさせる

 

自社の長所・特技。そして、競合の恐るべき点について把握したら、ターゲット層・事業内容を決めます。

 

【3】経営戦略を練る

 

ここまで決まったら、後は経営戦略の策定です。

と言っても、実際に経営戦略をしていると、中々思い通りにいかないことも多いでしょう、

 

そんな時は柔軟に、【1】~【3】を往復することにもなります。

成功への一歩を着実に歩めるよう、事業の状況を冷静に把握することが大切です。

 

 

起業戦略で使われる定番の「フレームワーク」とは?

経営戦略で役立つのが「フレームワーク」です。

骨格という意味どおり、戦略を形作るときに利用されています。

 

その中でも、定番の3種類について。

特徴や使い方を見ていきましょう。

 

5Forces分析】 

 以下の5つから分析し、経営戦略の方針へ役立てるタイプです。

 

  1. ライバル
  2. 新企業
  3. 顧客
  4. 商品の売り手
  5. 自社製品の代わり(危うく競合になりそう)

 

Casio・Panasonicなど、無名だった企業が大手となるキッカケに使われた事例もあります。

しかし、成立した年代からやや古く、現在では「扱うのが意外と難しい」との意見もあるようです。

 

SWOT分析】

自分の会社が持っている長所・短所を分析するためのタイプです。

 

Strengths:長所

Weaknesses:短所

Opportunities:機会

Threats:恐れ

 

上記4つの頭文字を取っています。1960~70年代にかけて作られました。

 

使う上での注意点は、長所=ビジネスチャンスと見誤らないように、分析する必要があること。また、事業の目的がハッキリさせずに使うのはNGであるそうです。

 

いずれの使い方も、「徒労」となってしまう可能性が高いと言われています。

 

PEST分析】 

事業を取り巻く状況を分析するためのフレームワークです。

 

Politics:政治 (法律・政権の変化など)

Economy:経済 (価格・雇用状況・市場など)

Society:社会 (あらゆる人口の状況・一般的な教育レベル・宗教の範囲等)

Technology:技術 (技術革新など)

 

以上、4つの言葉からなっています。現在・未来の情勢への知識が必要な現代社会では、重宝されやすいタイプでもあるようです。

 

*この3つが、経営戦略で使われるフレームワークになります。

ただし、あくまで分析のために使う道具の1つです。

 

それ自体が目的とならないよう、注意しながら利用するようにしましょう。

 

 

 

まとめ

成果を出すための経営戦略、いかがでしたか。

戦略で1番大切なのは、自社のメリットを活かしきることです。

 

このために、上記のポイントを利用して頂ければと思います。

ぜひ活用して、より良い経営戦略の策定へと役立てくださいね!

 - スキル, 思考