売れる商品は知っている!?購買意欲を高める5つの心理効果

売れる商品は知っている!?購買意欲を高める5つの心理効果

      2017/07/14

似たような商品を売っていても、結果に差がついてしまう。

悔しいことに、これはよくある話です。

 

どうして評価が分かれるのか。

その理由は、「心」を動かすテクニックの有無、と言われています。

 

商品は、もちろん質の良さを守るのも大切です。

しかし、それ以上に魅力が伝わる「売り方」をするのは、もっと重要。

手に取ってもらうためには、欠かせないと言われています。

 

それではこれから、商品を買うために大切な心理学効果について、詳しく見ていきましょう。

 

 

「買う気」を高める4つの心理学的効果

どうしてあの商品は買われていくのか。

そこには、心理的な効果の活用が見られるようです。

その中でも、特に成功率の高い4つの効果を紹介します。

 

 

【1】バーナム効果

バーナム効果とは、誰にも当てはまりる特徴を「自分特有」と解釈することです。

ちなみに、占いで使われることが多いとも言われています。

 

例えば、疲れている時に「あなたは我慢強いけれど、心はとても繊細…」と言われたら。

見ず知らずの人でも、世界一自分のことを分かっているように感じてしまいますよね。

 

この心の動きこそが、バーナム効果とされています。

 

具体的な使い方には、「痩せたいけど食べたい…!そう思ってしまうあなたに。」等があります。

 

当たり前の悩みと、当たり前の欲求。

 

この2つの組み合わせが、思わぬ共感や、売上を生むかもしれません。

 

【2】マッチングリスク意識への対策

マッチングリスク意識とは、「商品を買って、損をしたらどうしよう…」という不安を指します。

現代では特に、この不安を持っている人が多いそうです。

 

この感情への対策は、「安心感」を与えることが重要になります。

具体的には、下記のようなタイプです。

 

・お試し価格、今なら300円 (通常価格:3,000円)

・効果が無かったら、全額返金!

 

割安のお試し価格なら、「効果が無くてもよいか」と手を伸ばしやすくなります。

また、少々高い商品でも、「全額返金」されるならと、トライしてみる人は多いです。

 

また、現実的に、本当に「全額返金」を求めるケースは少ないとも言われています。

商品のクオリティに自信があるなら、ぜひ試してみることをおすすめします。

 

【3】スノッブ効果

スノッブ効果とは、珍しさ・特別感が「買う気」を引き起こすことを指します。

 

例えば、「世界に1つだけの技術」「限定○個の特別製」という言葉で、お客さんが列をなすこと。

あるいは、販売中止前のポテトチップスが爆売れしてしまう状況なんかも、スノッブ効果によると言われています。

 

商品に何らかの稀少価値があるなら、ぜひ積極的に伝えていくようにしましょう。

 

【4】ハロー効果

ハロー効果とは、良イメージの有名人を広告に使って注目度を高めることを指します。

 

具体的な例として、「俳優の○○さんが通うスポーツジム」。

俳優さんの体型を連想して、効果がありそうだなと思ってしまうことも有りますよね。

 

世間で人気の人を起用し、広告を行うこと。

これによって、商品を手にする人が増える、なんてことも充分にあるのです。

 

 

 

画像で安心感が伝わる?!「ベビーフェイス効果」とは…

広告文だけでなく、見た目で人を惹きつけるなら、「ベビーフェイス効果」がおすすめです。

 

ベビーフェイス効果とは、「ツヤ肌・若々しさ・笑顔」という3つの要素を、広告に取り入れることを指します。

 

安心感・やさしさを求める相手に効果的で、職場の求人や、スキンケア製品で使われるタイプです。

 

逆に、いかめしさをアピールするなら、キリっとした男性写真を使うのがおすすめ。

 

特に、ビジネスや医療などの専門知識をアピールするなら、こういった写真の方が、人気が高いと言われています。

 

広告の内容や状況に合わせ、上手に使いこなしていきましょう!

 

まとめ

商品の広告等に使える心理的効果、いかがでしたか?

売れるためには、もちろん商品のクオリティも大切です。

けれども、手に取ってもらうためには、それだけではやや不足。

 

お客さんの「心」にアピールすることも重要になります。

 

もっと多くの人に、この商品を手に取ってもらいたい。

そんな時は、ぜひ心理効果を活かした広告を作っちゃいましょう!

 - スキル, 集客