コミュ障でも営業上手に!押さえておきたい2つのポイント

コミュ障でも営業上手に!押さえておきたい2つのポイント

      2017/07/07

人と話すのが得意では無く、ちょっぴり苦痛。そんなコミュ障にとって、営業はハードな職業ですよね。

 

しかし、就活で内定が出たり、部署異動となったり。

あるいは、自営業を始める時は、営業とも向き合わねばならなくなります。

 

そんな営業職ですが、じつは、最近の営業マンの中には「コミュ障だけど、コツを掴み、トップ成績を取れた」との意見もあるそうです。

 

果たして彼らは、どんなコツを掴んでいるのか。これから詳しくご紹介します!

 

 

まずはココから!成功につながる2つの方法

【1】磨くのは雑談力より○○力

 

営業マンと言えば、トークが上手で、雑談も抜かりない。

実際そういうタイプの人もいるでしょう。

 

けれども、コミュ障なら、無理に雑談に注力する必要はありません。

理由は、「ムダ」になってしまう可能性があるからです。

 

人は、誰しも限られた時間しか持っていません。

その間を、むりに繋げた雑談にしてしまうのは、「苦痛」と感じるられるケースがあります。

 

と言っても、いきなり本題は厳しいはず。

下記2つの雑談を、しつこすぎないように使うのがおすすめです。

 

・会話のきっかけに、天気や職場の話をする

・お客様や取引先にとって、メリットのある話をする

 

この時、大切なのは「自分の話」ばかりしないこと。

 

そして、相手の話に耳を傾けることが大切です。

相手の求めるところや、興味・関心が分かれば、営業は何倍もやりやすくなるでしょう。

 

【2】ネットが使える今、「お客さまの方が知っている」こともある?!

 

ネットが使える現代社会。

自社の商品や競争相手について、営業マンよりお客さまの方が詳しいこともあります。

 

そんな時、うっかり「知ったかぶり」をしてしまうのはNGです。

信用度を下げたり、現在の商品の情報を掴みそこねたり、といったデメリットに繋がることもあります。

 

分からない情報を語られたら、むしろ「○○ということでしょうか?」と、質問をしてしまうのがおすすめです。

 

正直に質問するメリットは、主に2つ。

自社・競争相手の扱う商品事情や、お客さまの知識の範囲を把握できるところにあります。

 

もう1つは、「嘘をついてない」態度は、良好に映りやすい点です。

正直に接してくれる営業マンは、嘘つきよりも印象が良いはず。

 

分からないことがあったら、ぜひ実践を試みてみましょう。

 

 

【コミュ障必見】独り暮らしでも簡単!3つのトーク練習法

雑談はいらないと言っても、正直トーク力は欲しいところですよね。

そんな人に向けて、自宅で出来る3つの営業エクササイズを紹介します。

 

時間がある時、気軽にトライしてみてくださいね。

 

【1】話をする前に、内容をメモする

 

電話で人と話す時でさえ、頭の中が真っ白になることもある。

そんなヒトなら、あらかじめ「電話で話す内容」を紙に記入することをおすすめします。

 

事前に何を話すかが分かっていると、いざ相手が来てからもスムーズに話しやすいからです。

 

また、可能であれば、暗唱をしておくのも良いです。

1度声に出して読むと、電話でもスムーズに発生されます。

 

会話・電話の精度を上げたい時は、必ずリハーサルをするようにしましょう。

 

【2】話し方をスマホのビデオで録ってみる

 

話下手の自覚があると、「自分の喋り方って、変かもしれない…」と憂鬱になってしまいますよね。

 

そんな時には、スマホで自分のトーク姿を撮影することをおすすめします。

正直、ちょっと抵抗があるかもしれません。

 

しかし、ビデオで録ってみると、話し方・声量のクセが判明し、改善点も分かるようになります。

これらの反省は、あなたの営業トークでも、きっと役に立つことでしょう。

 

 

【3】反省点を記録する

 

コミュ障にありがちな、「コミュニケーション後の自己嫌悪感」。

会話で失敗すると、結構長い時間、引きずってしまいますよね。

 

しかし、欠点が分かっているのは成長のチャンスです。

もし明確な反省点があるなら、メモを取ること。

 

会話で何を失敗したのか・これからどう対策すべきか、という点について、記すことをおすすめします。

 

自分の手と頭を使い、記しておくと記憶にも残りやすいです。

何より、直は同じミスをしない、という教訓ともなり得ます。

 

営業をふくめ、コミュニケーションで失敗した点については、何らかの記録を残しておくようにしましょう。

 

 

 

まとめ

コミュ障がおさえたい営業のポイント、いかがでしたか?

「雑談」より「傾聴力」と言われる現代社会。

 

ちょっと憂鬱かもしれませんが、コミュ障でも営業で成功するチャンスはあると言われています。

 

もし会話が下手でも、恥ずかしがることはありません。

自分ならではの強みを活かし、改善を重ね、むしろ得意分野にしていきましょう!

 - コミュニケーション