売り上げアップに直結する営業スキルの向上方法とは? - ECCビジネススクール

売り上げアップに直結する営業スキルの向上方法とは?

      2016/10/25

■成功の確率を高める方法

効果的な売上げアップのプランを考案したとしても、それを実行する際の営業スキルが伴わなければ、決して思うような成果が期待できません。

つまり売上げアップに向けて経営サイドが具体性のあるプランを考え、スタッフがその意向をしっかりと受け止めて、それぞれのパートで十分なスキルを確保する事が成功の確率を高めてくれるのです。

pixta_13551912_XL

 

■スキルの棚卸する方法

一般的に売上げアップの施策としては、受注金額を上げる事と成約数を増やす事があります。

そのための営業スキルとして、成約率トップの営業スタッフの持つスキルなどを全員へ棚卸する方法があります。

これはロールプレイグンによるレッスンを行う事で実践に活かせるでしょう。

見よう見まねで覚えるのではなく、体系的にカリキュラムを組んで対応する事がポイントになります。

pixta_20125495_XL

 

■商品のディスプレー方法

また、消費者が商品を選ぶ際の決め手になる商品のディスプレー方法にも個別のスキルがあります。

商品やサービスの機能性のアピール方法や、提供元の信頼性、そして商品の活用メリットや価格などを紹介するスキルを磨かなければいけません。

このディスプレー術いかんで、商品の魅力やブランドイメージが決まると言えます。

ただしこちらは短期的に効果が出る課題ではありませんので、計画的にコツコツと積み上げる姿勢で臨んでみましょう。

pixta_22294250_L

 

■見込み客・成約率のアップ方法

また、見込み客を増加させるスキルも大事です。

例えばTV通販のコールセンターでは問い合わせ数と受注数から成約率を割り出します。

そこで一回ごとの問い合わせ数を比較検討すれば、どの商品にどの導入時期が有効か?

あるいはどの地域からの問い合わせが多いかなどのデータが導き出せます。

また成約率からオペレーターごとのスキルレベルが判断できるでしょう。

これによって見込み客を確実にアップさせ、かつ成約率アップへのアプローチも同時に講じる事ができるのです。

もちろん他の業種でもこの対応を活かす事が可能でしょう。

会議デスク

 

■営業活動の改善方法

そして営業スキルを細分化して分析し、しっかりとデータ化する事で、営業上の強みや弱点が見えてきます。

そこで実績を現わす数値をデータ化する事も営業力をアップさせるスキルとなります。

重要な点は、どのタイミングでどのポイントに着手するのかを見極めることです。

一番インパクトのある形で販促行動を実施する見極めを付ける事は売り上げアップに直結すると言えるでしょう。

この様に自社の営業活動を見直し効果的な改善を行うために、それぞれの部分でスキルアップを心がける様にしてみましょう。

Chess business concept, leader & success

 

 

 - スキル, 思考